青森県三戸郡五戸町から、自家採取の純粋はちみつをお届けします。

採取したはちみつを入れる缶を積んで向かいます。

養蜂家の道具です。
左から蜂ブラシ、バール、
ハイブツール、燻煙器

蜂蜜分離器(モーターで動きます)

1.蜜源(りんご)

2.作業は早朝から。ハチが当日に集める薄い蜜と混ざらないようにします。

3.燻煙器に枯れた葉や麻袋の切布などを入れ、
燃料にします。

4.燻煙器の煙でミツバチをおとなしくさせます。

5.巣箱から採蜜のため巣枠を取り出します。

6.箱のフタは蜜ろうで固くくっついているのでハイブツールを使います。

7.巣枠にはハチがたくさん。真下に振るい落とすと…。

8.ハチが巣に落ちてこのようにキレイに。

9.しがみついているハチは蜂ブラシで払い落とします。

10.取り出した巣枠を運んで行きます。

11.ナイフで蜜ブタをカット。

12.中から新鮮な蜜があふれてきます。

13.すかさず、巣板を分離器に入れて回転。(中に9枚入ります)

14.巣の破片など不純物が取り除かれ、黄金色のはちみつが出てきました。

14.採り終えた巣枠は巣箱に戻します。

15.採蜜終了

採蜜した新鮮なはちみつは、用途ごとに容器に詰められて出荷されます。