青森県三戸郡五戸町から、自家採取の純粋はちみつをお届けします。





平養蜂場の沿革

昭和23年
初代(故)平万吉が農業のかたわら、養蜂をはじめる。越冬のため千葉県館山市へミツバチを移動する。当時は交通機関が鉄道しかなく、積荷などの関係で館山に着くまで一週間かかった。
昭和34年
二代目 平利一郎 養蜂業に就く。
昭和42年
生ローヤルゼリーの採乳はじめる。
昭和55年
千葉県の梨の花粉交配(ポリネーション)はじめる。
昭和60年
青森県八戸市のイチゴの花粉交配(ポリネーション)はじめる。
平成8年
千葉県市原市にも越冬地を設ける。
平成14年
三代目 平利憲 養蜂業を専業とする。



はちみつの採れる花は年代ごとに移り変わりました。

昭和23年~30年頃
埼玉県杉戸町にて「れんげ」
昭和25年~45年頃
青森県南部地方にて「なたね」
昭和23年~現在まで
青森県十和田湖町にて「とち」
昭和32年~40年頃
福島県保原町にて「なたね」
昭和43年~現在まで
秋田県大館市にて「アカシヤ」
昭和50年~現在まで
青森県津軽地方にて「りんご」












自然で純粋な素材を
自家採取でお届けします。

有限会社 平 養蜂場
代表取締役 平 利一郎
〒039-1504 青森県三戸郡五戸町兎内40
TEL 0178-62-2754 FAX 0178-62-6090

千葉県蜂場(秋・冬)
〒290-0266 千葉県市原市海保755-2
TEL&FAX 0436-36-6665